« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

叔母さんバカ

昨日夕方お買い物に出かけ、スーパーの前に自転車を止めていると、

「みずほちゃん」

と、声を弾ませて、甥が、声をかけてくれた。

どうやら学校帰りに私の姿を見かけて、走ってきてくれたようなのだ。

毎週バレエのレッスンでは、怒られてばかりなのに、屈託のない顔で、走ってきた姿は、叔母さんの心にぐっときた。

「何か買ってもらおうと思ったの?」

「姿が見えたから」

背も私より高くなってしまったので、ランドセルが全然に合わない。

まるで弟のランドセルを代わりに背負っているよう。

この間までは、ニコニコと手をつないで、一緒に歩いてくれたのに、大きくなってしまった。

まぁ、また、それはそれで、また、面白いことがあるんだろうけどね。

ちょっと、嬉しかった昨日の話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔電話、今メール

この間、友達と久しぶりに会ったとき、話していたこと。

とても大事なことなのに、連絡がメールだけだったらしい。

せめて、電話ぐらい、という私に、大事なことは会って話すもんだ、と、友。

もっともだと思った。

とても寂しかったらしい、大事なことをメールで、伝えてくるなんて。

確かに以前なら、大事なことを電話で済ませるなんて、と言われたし、自分も感じた。

でも、これだけメールが多用されていると、電話すら、貴重なコミュニケーションのような気がしてくるから不思議。

メールは確かに便利だと思う。

言い間違い、聞き間違いがない。だから、連絡事項など、後から確認できるし、記録にも残る。

でも、声も顔も見えないから、大事な話、それも、人とのかかわりに関することだとしたら、せめて、声だけでも聞きながら、話をしたいと思う。

声の感じなどから、言葉に出せないことも聞き取れるんじゃないかな。

ああ、でも、やっぱり、人と人、大事なことは、目を見て話したいね。テレビ電話じゃなくて、直接ね。

せめて電話でも、なんて言っている私は、すっかりメール派なのかも・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

質問

ありがたいことに、いろいろなところで、リフレクソロジーに関して、質問をいただくことが多い。

それも、いわゆるリフレクソロジストという方達からも。

スクールを開いている以上、受講生の方の手前、なんでもお答えするわけにはいかないなぁ、と思いつつ、日本でのリフレクソロジーの発展のためなら(おおげさ?)と、せっせと、お答えしている。(お陰で、PC前滞在時間が増え、それとともに、私のお腹の肉も増えている・・・増えるのは、お金とご縁だけでいいのに。)

いつものように、何の本で読んだかすっかり忘れたけれど、アメリカのフットボール選手に、他の選手がトレーニング法とか、いろいろなアドバイスを求めたところ、(他の人はそんなこと教えてくれるわけないよ、と言っていたらしいが)一流といわれる選手ほど、親切に快く教えてくれたという。(といって、私が一流と言っているわけではないが)

一流の選手は、自分のやっていることを愛しているのだろうから、それが発展するためなら、その手助けをしたいと思うのだと思う。

私もリフレクソロジーのことを愛しているので、こんな私でよければと、答えてしまうのだ。

ああ、でも皆様、できれば、受講してくださいね。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怒り

この間、広告の営業の電話に、なんだか嫌な対応をしてしまい、電話を切った後に、しばらく落ち込んだ。

結構しつこかったのは、確かだが、自分のその時の心の余裕のなさに、がっくし。

自分にそれほど関係のない人に怒ったりするのって、きっと、違う怒りを抱えているからなんだろうな、と思う。

怒りの対象に素直に向かっていければ、それなりになにか道が開けたりするんだろうけれど、怒りの感情だけをなにか別のものに向けるから、心もしんどくなる。

まァ、でも、それも自分が今怒りを抱えているんだよ、と気付かせてくれるので、ありがたい事なんだけど。

人の身体も、何か問題が起こったとき、侵害受容器に刺激が行って、「痛い」とか、「痒い」とかを感じさせるようになっている。それは、障害を意識させる事によって、(本人にね)対処する行動を取らせるためなんだよね。

怒りや不満、悲しみ、なんかの否定的な感情といわれるものでも、何かを知らせてくれているんだ、と、改めて感じたな。この間は。

必要でないものはないね、どこにも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューズレター

ニューズレターの発送をボチボチやっております。

それほど大した数ではないけれど、過去のお客様のお顔を思い出しながらやっていると、手の止まる事、止まる事。(衣替えの時のようです。古い写真の整理とか)

よいことなのか、悪い事なのか、膨大な数のお客様というわけではないので、最近もの覚えが悪くなった私でもお客様のことは思い出せます。

そしたら、昨日、友達でもあり、お客様でもある大学の同級生から1年ぶりに連絡が。

来週ランチの約束をして、電話を切った。

ニューズレターは、もちろん宣伝を兼ねているけど、いろいろなセラピーの情報をお伝えしたくて、作ったもの。

それに、人と人をつなぐひとつのツールになれば、という思いもあるのです。

さっそく、その効果が現れているよう。

神様ありがとう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ス、ストレス?

最近気が付かないうちに歯を食いしばっている事が多い。(様な気がする)

いつも意識して眠る前には、あごを緩めるようにはしてるんだけど、お昼間なんか、気が付くと、食いしばっていなくても、軽く力がはいっている。(これが原因で顎関節症になる方もいるので、たまには、意識して緩めてあげてくださいね。)

ス、ストレス?

なんの?

と、気が付かないから、困るんだよね。

気が付いているストレスは、原因から離れたり、取り除いたり、発散させたりできるけど、最近思い当たる節は・・・???

スクールを維持していくのも大変な事だから、慢性化しているのかもね。

そういえば、この間、営業の電話に嫌な対応をして、ちょっと自己嫌悪。

まぁ、しつこかったんだけどね。でも心に何かしら余裕のない証かも。

そ、それとも、お腹の肉のせい?確かに身体重いから。

今日は、自主トレで汗を流し、そのあと、口半開きにして、よだれでもたらしながら、昼寝しようか・・・。

副交感神経、カモーーン!

(こんなんだから、まだ、嫁に行けそうもありません。2006年6月22日現在)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人との縁

毎度思うのだが、同じような事を書いている。

前にも書いたと思うけど、人との縁とは、不思議だなと、思う。

ながーーくお付き合いする人もいれば、人生のほんの短い間のお付き合いの事もあるし、途絶えていた関係があるとき急に復活したり。

どの縁がよいとか、悪いとかではなくて、どの縁にもすべて理由があると思う。

そのつながりが、まさに袂を分かつような別れであっても、自然消滅であっても、お互いが何かしら、必要であって、結ばれた縁だし、また、何か必要があって、別れる、ということもあると思うのだ。

今年に入ってからも、そういうことを考えていたけれど、最近また、いろいろなご縁をいただいて、ご縁も別れも必然だなぁ、と思うのだ。

無駄なつながりなんて、あるわけない。

彼と別れるときなんか「何であんな野郎と」なんて、思う事もしばしばだったけど(過去形・・・・)気が付かないだけで、お互い何かやり取りして、そして影響しあっていたんだよね。

そして、無駄な事はひとつもないんだと思う。

全ての事にいちいち意味を見出す必要はないと思うけど、どのようなご縁でも、自分にとってはありがたい事なんだな、と思う今日この頃なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

のびのび

土曜日から、養成講座が始まった。

受講生の方、アシスタントの方、お疲れ様でした。

養成講座は、時間がたっぷりあるので、教えるほうも、のびのび。

嬉しい、楽しいである。(私の全てを伝えられると言うことで。いらんかい?)

ベーシックでも伝えたい事はたくさんあるけれど、限られた時間のなか、大事な事、手技に変な癖がつかないようにする事で、精一杯なので、まだまだ、面白いところはこれからなのに・・・・、と思ってしまう。

それに、養成講座に来ていただいている方からは、受講料もたくさんいただいているので、ベーシックの方に、範囲を超えて教えるわけにはいかないんだよね。(気持ちの中では、教えたいけど)

ワンデイは、駅の見学。

ベーシックは、入場券を買ったところ。

養成講座は、やっと、電車に乗ったと言うところかしら?

講座が終了しても、旅は、これから。

どんな人だって、目的地に着くまでが、旅ではないのと同じ。

これかも、私の旅も続くのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューズレターが、できた!

今日、今度託児をお願いする谷川さんと鶴舞の
つながレット(ローカルじゃ)で、ニューズレターの
印刷をし、完成。

なんだか、神様がここのところの仕事をねぎらって
くれたのか、楽しい事ばかりが起こった。

谷川さんが印刷機のかぱっと開くところを
外してしまって、閉まらなくなり、それに気がつかない
二人は??

インクが途中でなくなって、それにまたまた
気がつかずに、途中で、他のを製版してしまって、
50円余分にかかった。
(谷川さんの悔しがる事といったら、お見せしたかった)

これまた、面白かったのが、紙を折る機械があって、
セットする手順を読んでいたら

「輝くマークに、紙押さえをあわせてください」

えっ?輝くマークって?

紙が出てくるところをみたら、ランプがついていた。

ランプのついたところって、書くんじゃないか、
普通は~。

少し笑える

「輝くマーク」

なんだか期待の星みたい。

それに、紙の枚数が、合わない。カウントは、
合っているのに、紙が余る、3枚。

またまた???

「紙屋さんが、余分に入れておいたんだって、
きっと。」

と私。

「まぁ、ふとっぱら!」

と谷川さん。

で、結局、まっ、いいか、と言っていたら、やはり、
2部目が、3枚たりませんでした・・・。

紙屋さんは、商売人でした・・・・。

なんだかんだといっても、出来上がったのが、
一番楽しい。

まずは、お試し..

これからどんどん変わっていけばいい。

これから、発送していきたいと思います。

ご意見ご希望、お褒めの言葉から、お小言まで、
大きな目と耳で、お待ちしておりますので、
手に取られた方は、よろしくお願いしますね。

来月の打ち合わせも楽しみ。

皆さんにたくさんいいものをいただいて、
感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際赤ちゃん学会

国際赤ちゃん学会

どうやら、来週からみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃん

昨日またもや、丸善にて、立ち読み。

でも、昨日は、ちゃんと一冊買いました。

赤ちゃんについての最近の研究を新聞で連載したものをまとめたもの。文庫になっていて、安かったのだ。(やっぱりそれかい。)

ものすごくおおざっぱにいうと、赤ちゃんは、思っているより早い段階で、いろいろなことを理解していると言うことが書いてある。(ほかの事も書いてあるけど)

割と複雑な物の認識も、8ヶ月位になると、大人と同じようなやり方で、行っているとか。

言葉の認識も、生後5日目の赤ちゃんの実験でも、母国語(というより、お母さんの言語)を聞き分けているようなのだ。

国際赤ちゃん学会なるものも、あって、今年の6月京都で開催されるらしい。(調べますね。)

その本を読んで、思い出したのが、去年7ヶ月の時に、2回ベビーマッサージをした(私がしたわけじゃないけれど)男の子。

偶然姉と同じマンションの方で、この間、久しぶりにロビーで会ったのだ。

もちろん男の子は、赤ちゃんから、幼児へと成長していた。

なのに、私にとっても、興味を持ってくれて(去年のベビーマッサージ以来会ってないのに)最後は、エレベーターまで、見送ってくれたのだ。

「おばちゃんのこと覚えてるよ。」と、でも、言いたげに。

単なる近所のおばさんバカかもしれないけれど、私たちが思っているよりは、赤ちゃんは、記憶力がいいのかもしれないね。

これからはどんな赤ちゃんにでも、たっぷりと愛想を振り撒くことを誓ったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

託児付き

毎月第一月曜に限ってですが、託児付きでリフレクソロジーを受けていただけるようになりました。

対象は、0歳児の赤ちゃんを持つお母様。

定員 4組 

時間は、10:00~13:00の間

トリートメント時間は、30~40分です。

保育士・谷川が託児にあたり、育児相談や情報交換など子育て交流を兼ねています。
(トリートメント前、後に、お話していってくださいね。)

夢が実現しそうです。

詳しい事は、(と言っても、料金のことぐらいですが)HP見てくださいね。

何事もやってみる。

思いを諦めない、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除から見えてくるもの

スクールの講義の時に、リフレクソロジーとは何ぞや?を、お話するのだが、その時、例えで、掃除の話をすることがある。

まずは身体のお掃除をして、身体をきれいにすること。そうすれば身体は、自分の仕事がしやすくなるので、お仕事の効率があがる。

それに、身体にいらないものがたくさんあると、よいのもが入ってきても、置いていく場所がない。

と、えらっそうに、講義をしていたわけだが、自分の家の掃除は、おざなり・・・だった。

今は、テキストを作っているから、そこいら辺に、本が散らばり、紙は、舞い、の状態でも、しょうがない、掃除は汚れたらする。なぁんて,ことだったのだ。

最近、気をつけて、掃除をするようになったら、これって身体もそういうことじゃん、と、今更ながら、納得。

いきなり、汚れるわけではない、ましてや、いきなり、物が増えるわけではない。

毎日、毎日、少しづつ、埃はたまり、トイレのタイルは、汚れていくのだ。

身体と同じで、少しづつなので、そのうち、汚れている事が当たり前だったりして、(だんだん古くなっていくという感じです。それなりには、、お掃除しているから。念のため)、汚れに、慣れるというか、諦めると言うか。

身体もそうなのだ。

日々、疲れはたまっていく。もう歳だから、こんなもんでしょ、で、また、日々は、流れ・・・。

いきなり病気になる人はいない。

少しずつ身体に負担が、たまっていく。そして、軽かった(体重じゃないよ)身体のことを忘れていくのだ。

掃除もそう。

新しくきれいだったころの事を忘れ、古いから、使い込んだから、とかといって、諦める。(私だけ?)

毎日の生活で、ストレスをためない。(埃をためない)

その日の疲れは、その日のうちに。(その日の汚れは、その日のうちに)

身体が不調でも、少しづつでも、ケアしていけば、身体は元気になる。(汚れていても、毎日少しづつ、掃除をすれば、きれいになっていく。)

身体が軽いと、心も軽い。(部屋がきれいだと、気分がいい)

など、など。

身体のケアも、掃除も、諦めない、日々続ける、が、大事だね。

(身体は、健気に、自分でよくなろうと努力しているのだ。その本人が、もっと、気を付けてあげないとね。部屋は、勝手には、きれいにはなってくれませんが・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビ-マッサージ

今日は、ベビーマッサージの日だった。

今回は、月齢幅が広くて、同じ赤ちゃんと呼んでいいのかしら?というぐらいにサイズが違う。

1ヶ月、3ヶ月、10ヶ月の赤ちゃん。

今回も、とくに何事もなく、マッサージを終了。

今回の特徴は、皆さん、お父様も一緒に参加されていて、そして、とてもお二人で上手に、マッサージを行っていた事。

二人で、子育てしているんだなぁ、というのが、とても伝わってきた。

独身おばばも、しばし、ほんわか幸せエネルギーをもらって、いい気分。

あぁーー、これだから、ベビーマッサージは、止められない、止まらないのです。

赤ちゃんは、存在だけで素晴らしい。

でも、私もそういう時期があったのだ。いきなり、おばばとして、この世に現れたのではない

どうせ、私なんか!なんて、思ったら、すでに、赤ちゃん時代に社会貢献してるからと、自分を慰めてよう。

だって、みんな、ほんとにそうなんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共時性の続き。。。

最近面白い事が続く。

先日は、同じ日に、1年ぶり、1年半ぶり、という知り合いの方に、それぞれ出会った。

偶然だけれど、きっと必然。これから何が起こるのやら、楽しみでございます。

そして、ニューズレターの案を出して、みんなで作り出したところ、他のメルマガにも、「紙の効果」なることが書いてあった。

まさにその通り、紙の持つ力を信じてニューズレターを出そうと思ったのだ。

神様が後押しをしてくれているよう。ありがとうございます。

自分の道がわからなくなった時、煮詰まって心がくたびれた時は、自分の心と対話しつつ、目に入るもの、耳に届くものに、気を付けると道が開けてくる事がある。

心の思いを大事に、自分が何をしたいか、ときどき心に尋ねてみるといい。

誰かが天使になって、現れるかもよ~。

南の島もいいけれど、心の旅路も楽しいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は

今度ニューズレターを一緒に出す方達と栄ルームで、打ち合わせを兼ねたお食事会。

大変盛り上がり、気が付いたら、終電に間に合うのかーー?という時間。

皆さん、家庭の主婦の方、私のようなのんきなひとり者ではないので、慌てて帰っていただいた。

それにしても、縁とは不思議で、ありがたいもの。

今回も紹介させていただいたのは私だけれど、話しているうちに共通のお友達がいたり、何かつながりがあったりしたみたい。

皆さん、出会うべくして、出会うという感じなんだろうね。

hiakriさんのブログではないけれど

「出会いは必然」

なんだろうね、きっと。

ひとりだと実現できない事でも、みんなが集まれば、実現する事もある。

それに、記憶の片隅にあったことなんかや、心の片隅の思いとかを何故だか思い出す。

ふたりが集まれば、二人分ではなくて、それ以上に広がる。

それが3人4人となれば・・・・。

スクールの受講生の方の紹介などもしていく予定なので、皆さん楽しみにしていてくださいね。

でも、今回の一番の収穫は・・・

皆さんの思いに触発されて、自分も、これからまたやるぞ!って、言う気分になれたこと。

ひとりだと、周りが見えなくなったり、自分の思いだけにとらわれたりするから、いろいろな人と出会えるのは、本当にありがたい。

ご縁に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人は勝手

庭に一坪畑をするようになってから、雨を望む事が多くなった。

その昔、幼少(?)のころは、将来は、お金持ちになって、雨が降るときは、飛行機に乗って、雨が降っていないところに行くんだ!と言って、父親に「アホ!それなら、カリフォルニアに住め!」と言われたことがあるぐらい雨が嫌いだったのに。(最近は、畑に関係なく雨も好きだけど)

人って、立場や時間によっても、望むことが変わってくるし、違う。

勝手やな、ほんまに~。

*ちなみに、昔は蝶々を見ると、「おお、いいなぁ」なぁーんて思っていたけれど、最近は、うちの小松菜に卵産むつもりだな。だもんね。はぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共時性

一昨日、昨日と、安ワインをちびりちびりとやりながら、映画なんぞを見ていて、そのままソファで、眠ってしまうということが続いた。

9時半位には、眠ってしまうようで、大体1時ぐらいに、ハッと、目を覚ます。(かろうじて、成長ホルモン分泌したかしら?の時間である。)

土曜日は、そのまましばらくテレビの映画を見ていて、眠くなったので、ベッドに行き、しばし、寝返りを打った後に、就寝したのだが、昨日は、全然眠れず・・・。

何か本でも読んでしまえ、っとおもって、本棚を見ると、ほとんどが最近読み返したものばかり、この間から、『聖なる予言』シリーズを読んでいるhikariさんの影響か、その続編をパラパラする機会があったのだが、『第十の予言』は、もう貸してしまったしなぁ、と思いながら、本棚に再び目をやると、『聖なるヴィジョン』が。

「ありゃ、こんな本があったことすら忘れていたわ。」(8年間の本だし)

と、読んでみることにした。(この人は、全体的に何かにつけ、神秘体験と書いてあるので、ちょっと苦手だったのだが・・・・私は凡人です。神秘体験したことありません、ごめんなさい、という気分になってしまうのだ。)

飛ばし読みの様に読んでいたのだが、自分の人生の目的と、今の仕事の目的との関係とか、そういうようなことが書いてあったように思う。それにはどうして、この両親のもとに生まれ、どういう経験をしてきたかとかを考えてみるといい、そういうことが書いてあったのだ。

そこで、「ああ、そうなんだ。」と、思う事があったのだ。
前にこの本を読んだ時は、まだ、この仕事をしていなかったから、それほどはっきりと何かを感じなかったのだ。

それに、昨日のブログに書いたように、何事も何かのメッセージが含まれているので、それは、目にする些細な事に気を付けていくことで、導かれる。というようなことも書いてあった。

出会った人、目にしたもの、耳に聞こえてきた声や、新聞の記事、テレビ番組などから、それはやってくる。

hikariさんが、この時期に、このシリーズに出会ったこと、その事を私が知って、本を貸す事になったこと、夜眠れなくて、本棚を見てみた事、最近思っていた事と同じことが書いてある本を読むこと。この間見た夢の意味が、この本を読むことで、わかったこと。

こういうのを共時性というのだろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

些細な事

ふとした瞬間に目にしたことや小耳にはさんだ事に、いろいろなヒントが隠されている事があるなぁ、と感じるこの頃。

最近記憶があやふやになりやすいので、どのサイトで読んだ話だったかとかは、忘れてしまう事が多いのだが、テレビを付けっぱなしにしていると、あまりいいことではないとか、読んだ覚えがあったので、できるだけ、テレビを切ってみることにした。

いろいろな人がそう言っているから、今更とは思ったのだが、気にして、そうするようになったら、これがいい感じなのだ。

付けっぱなしにしていると、知らず知らず見てしまう、身体の動きが鈍くなる。どうでもいい番組でも、見始めると、最後まで見たくなったりするから。

と、いいながら、そのテレビからもいろいろなヒントをもらう事もあるのだが。

本の中の気にしてなかった言葉が、急に思い出されて、それが、なにか自分にとって必要な情報だったり、そのテレビでみた、映画の中の台詞が自分にとっては深い言葉だったり、誰かにあったときに聞いた話がとっても重要な事だったり。

自分が目にするもの、聞くものすべて、必要で入ってくるもの。

それって意外と当たり前だと思っていた事だったり、聞いたときは、あまり重要だとは思っていなかった事もあるから、タイミングなんだろうか?

意識的に生きる事も大事だけれど、たまには無意識な時間も必要なんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

託児付きリフレクソロジー

今日は、託児付きのリフレクソロジーを試験的に開いてみるため、打ち合わせに行ってきた。

お願いするのは、うちのベーシックコース修了生の方で、保健士の資格を持ち、現在も育児サークルなどで、活動されている方。

だいたいの事が決り、あとは、日程を決めるだけ。

最初は、託児が行いやすいように、0歳児のお母様たちで、様子を見る事になった。

リフレクソロジーだけではなくて、育児サークルを兼ねて開きたいと思っていたので、この方の協力は欠かせなかったのだ。

快く引き受けてくださり、今度出すニューズレターの記事もお願いできたし、嬉しいわ、ありがたいわ。素敵なご縁に、感謝です。

日程などは、ニューズレター、HPで、告知して、とりあえず開いてみる。

ダメなら、何がダメなのか、いいなら、どこが良かったのか、試行錯誤が始まるのだ。

でも、とっても楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除に学ぶ

最近掃除していて気がついた事

家とか、部屋とか、窓とか、突然汚れるわけじゃないんだよね。(当たり前だけど)

毎日少しづつ汚れは、たまっていく、そして、私のような人間は、掃除をしていなかった自分のことを棚にあげておいて、まるで埃が突然現れたように騒ぐのだ。

ぎょーえーーーって。

久しぶりに、覗いたベッドの下とかを、見て。

心と身体も、そうだもん。突然病気になるわけじゃない。

こちらもほうはわかっていたつもりだから、日々ケアしていたのだけれど、その大切さを、掃除を毎日 しっかり!することによって、改めて感じた。

お家も、心も、身体も、汚れたり、くたびれたりする前に、こまめに、メンテナンス。それには、気が付かないとね。汚れ、疲れに。

見ようとしないことをやめる事。

見てみないふりをしない事。

こんなもんだと思い込まない事。

壊れてからでは、遅いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »