« 今日はいい天気! | トップページ | うれしいこと »

ダビンチ・コードの謎

昨日ダビンチ・コードの映画、世界同時上映を意識してか、テレビ番組もいろいろと特集を組んでいたので、見ていた。(原作読みました。)

この映画が、世界中で、波紋を広げているらしい。クリスチャンでない人にはわからない(私も、そうだけど)問題点。キリストの結婚説。が、どうやら問題らしいのだ。(あれだけ、テレビなどで言っているので、ネタばれ、ということはないよね?)

ただ、テレビを見て思ったのだが、新約聖書に、書いてないことをたくさん言っていた。

マグラダのアリアは、聖書には、キリスト最後の日のところにしか記述がない。
娼婦説があるらしいけれど(これ、最近までの、バチカンの公式見解だったらしい。WOWOWで、やっていた。)聖書にはどこにも書いてない。

よく引き合いに出されるのが、「罪無きものだけが、石を投げよ。」の逸話に出てくる不義を犯した女性。でも、ここにもその人がマグダラのマリアだとは書いてない。

ただ、この説を原作で読んで、「なるほど」と思ったのは、ヨハネの福音書での、ちょっと、不自然な記述が気になっていたから。

他の福音書には、ないのだが、最後の晩餐で、キリストが、裏切り者のユダのことを言うくだりに、

「弟子たちのひとりで、イエスが愛しておられた者が、み胸近くせきについていた。」
「その弟子は、そのままイエスの胸に寄りかかって、主よ、誰のことですか、と尋ねると・・・・」

というところがある。これって、男同士だと、ちょっと、不自然な感じがするなぁ、と思っていたのだが、これが、女性なら、しっくりくる。

この本の原作を読む前に、福音書を読んでいたので(ちょっと自慢?)みょーに、納得してしまった。

それにしても、日本のテレビ番組のいい加減さ。

イエスの足を涙で洗い、髪で足を拭き、香油を塗った女性も、どこにもマグダラのマリアとは書いてない。イエスはこの後、この女性の罪を許して、「安心して行きなさい」と、言っているだけ。(牧瀬理穂が、演じていたけど)

テレビでは、この行為は、結婚を意味すると言っていた。

番組にするなら、福音書ぐらい短いんだから、読んでみてよ。と思う。

昨日の続きじゃないけれど、情報って、参考にするぐらいが、いいんだよね。

|

« 今日はいい天気! | トップページ | うれしいこと »

「スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/10166893

この記事へのトラックバック一覧です: ダビンチ・コードの謎:

« 今日はいい天気! | トップページ | うれしいこと »