« ブログを書こうと思ったら | トップページ | 過去の自分 »

リフレクソロジーのよさ

リフレクソロジーのよさは、そのシンプルさと手軽さ、それなのに効果は、高い。身体の調子を整えて、本来の身体の力を取り戻す手伝いをするのもなので、副作用もなく、安心して家庭の中においても行ってもらえる。

昨日も姉と話していて、小学校の高学年ともなると、男の子なんかとはなかなか話をしようと思ってもできないし、でも、向き合うこともしたいし、なんていっていた。

そういうときに「足やってあげるって、言えばいいじゃん。」「そうだ!」という会話になったのだ。

甥は私が勉強したての頃、よくモデルになってくれたし、(4歳位のとき、今じゃ足のサイズも25センチで、頼まれても、遠慮したい大きさになってしまったが)今でも(姉のところの子供達はみんな好きだけれど)足やってあげるよ、と言えば、嬉しそうな顔をする。

こういう時って、本当にリフレクソロジーはいいなぁ、と思うのだ。

リフレクソロジーには、道具も何もいらない。禁忌事項の(これまた少ないが)知識と好転反応の知識があれば、簡単に行える。副作用のようなものもないから、極端に言えば反射区の知識がなくとも、足を全体に押せばいいのだ。ワンデイ位の講習で、家庭で行うには、十分だと思う。

確かなテクニックと知識をもったリフレクソロジストによって、トリートメントを受けるのも、よいけれど(もちろん!)子供達にしてみれば、知らない人より、大好きなお母さんやお父さんにしてもらうほうが、絶対いいと思う。もちろん夫婦間やもっと年齢のいった家族間でも、そうだと思う。お互いの親密さがよい結果を生むのも事実だ。

反対にリフレクソロジーを通じて、関係を深めると言うこともいえるしね。施設の利用者さんと職員の方とかね。

私も施設で仕事した時リフレクソロジストとして、利用者さんと接することで、早い段階で、親しみを覚える関係になれたと思っている。(勝手に思っているだけだったかしら?)それに、30分程度向き合うことになるので、お話も沢山させてもらえたし。(お話ができない人とは、違う意味で)

プロのリフレクソロジスト(という言い方も変だけれど)になるための教育は、しっかりとしたものでなければ、と思うのだが、多くの方にリフレクソロジーのよさを活かしていってもらいたいと思っている私は、その方の目的に合わせてリフレクソロジーを勉強していただければいいんじゃないかな、と思っているのである。

花粉症の季節になると、お母さんがお子さんの足をトリートメントしてあげる(もちろん反対でもいいのだが)、そんな光景がみられるようになって欲しいのだ。

|

« ブログを書こうと思ったら | トップページ | 過去の自分 »

「リフレクソロジーについて」カテゴリの記事

コメント

mizuさん,おはようございます。朝から充実した投稿で,気分はcloud nine(「上機嫌」というような意味らしいです)ですか?

「足やってあげる」で人と接する糸口を作るというお話,うんうんと納得していました。心理臨床の場面でも,コトバでのやり取りがいろいろな理由で難しい場合には,手作業や身体運動を使います。(なも がそんな技法に習熟しているわけではありませんが。)

なも が心がけていることはもっと単純で,核心の抽象的な内容を聞こうとせず,周辺的な具体的な話題を,なるべくこちらから「択一問題」や「正誤問題」を出すような形でうかがうという程度です。

ところで,仮にあなはた栄ルームでトリートメントをお願いするとして,大体どのくらい前に予約させていただけば大丈夫ですか?おそらく週末になると思われますが・・・。

投稿: なも | 2006年3月11日 (土) 07時51分

なもさん、こんにちは。
コメントいただいてばかりで恐縮です。
(ブログは拝見させて頂いているのですよ。)
カモミール花が終わったら、植え替えてあげてくださいね。

身障者の中には、聞こえない、見えない、話せない、という方もいたので、リフレクソロジーは有効でした。
言葉は便利なようで、邪魔な時もありますよね。

予約は、前日でも構いませんよ。あいていれば大丈夫ですから。(めちゃくちゃ忙しいと言うわけでもないので。笑。)
ただ、週末は、コースがあったりするので、ご期待に添えない場合もあるかと思いますが、お問い合わせください。
お待ちしています。

投稿: mizu | 2006年3月11日 (土) 14時38分

mizuさん、こんにちは。リフレクソロジーのよさを読んだらまたまたお願いしてもらいたくなってしまいました。花粉症にもいいんですね~今月は忙しいので、来月、花粉症のピーク時にお願いすることになりそうです。
はやく癒されたい~~。

投稿: fumie | 2006年3月16日 (木) 12時52分

fumieさん、いつでも、カモーーーン!ですよ。
お待ちしています。

投稿: mizu | 2006年3月16日 (木) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/9032673

この記事へのトラックバック一覧です: リフレクソロジーのよさ:

« ブログを書こうと思ったら | トップページ | 過去の自分 »