« くたびれモードから一転 | トップページ | アカデミー賞 »

人体実験

自分の足で、時々人体実験をする。といっても、単にセルフトリートメントをするということだけなのだが。

リフレクソロジストの私が言うのもへんかもしれないが、これが結構面白い。

バレエレッスンの後、少し膝が痛いなぁ、なんて、思いながら膝の反射区を押すと確かに痛みを感じる。膝のみならず、おしりの反射区なんかもセンシティブ。

最近肩がこっているなぁ、なんて思うと、肩の反射区よりも、腋かリンパの反射区がピキッと、して、腋かリンパのあたりも、ピキッと、したりする。

その他、反射区として考えるより、ゾーンセラピーとして考える方が、身体の状態とリンクしている場合も多いのだ。(もちろんこちらが大元なのだけれど)

反射区は必ずしも今の身体の状態を全て反映しているとはいえないけれど、セルフのたびに、今更ながら納得するのである。

セルフトリートメントよりも、人にやってもらったほうが何倍も効果もあるし、断然心地よい。

だけれど、セルフは、手軽だし、きちんと行えば効果もあるし、第一自分が人に行っていることを自分の身体で感じられる。

ただ、リフレクソロジストが、疲れていたりすると人の足に触らないほうがよいように、自分があまりにも疲れていたり、調子が悪い時は効果も低い。(もちろん、そんなときはしたくない。)
セルフにしろ、人にやってもらうにしろ、状態がひどくなる前に、トリートメントすると効果的。

ちょっと疲れたかなぁ、とか、昨日は飲みすぎたとか(毎度のこと?)

そういえば、重度身障の施設にリフレクソロジストとして仕事を始めたときは、なれないことで、身体がつらかったのだが、出勤した日は、お風呂から上がるとならずセルフをきちんと行って乗り切った。セルフでも、足がホカホカしてきて(1月だったからね)よく眠れたのだ。

修了生の皆さんも、今受講している皆さんも、セルフは、面倒かもしれないけれど、自分の身体のケアにもなるし、よい勉強もになるので、(もちろん手軽だしね)時々は行ってくださいね。

そういえば、花粉のシーズン。リフレクソロジーで、花粉症のケアもね。

|

« くたびれモードから一転 | トップページ | アカデミー賞 »

「リフレクソロジー」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!

mizuさん、セルフケアの大切さ、
気づかせてくれて ありがとう♪

わたしの場合、どうしても毒を自主生成してしまう蛇蝎生まれのカルマを、毒で自分を刺すのでもなく、もちろん人様に迷惑をかけるのでもなく、毒を劇薬に、劇薬を薄めて良薬に。。。速やかに変化させる セルフケアをこころみてみま~す♪ 
あ、ながながとごめんなさい♪
甘えてみましたぁ((o(^∇^)o))わくわく

投稿: み ぽりん | 2006年3月 4日 (土) 10時53分

み ぽりんさんのところに、なかなかコメントしなくてごめんなさいね。いつもされてばっかりで・・・。

み ぽりんさん、ホメオパシー?ですね。
ハーブの先生じゃないけれど、毒は時にとてもよい薬になるそうです。
全ては方向性ですね。

投稿: mizu | 2006年3月 5日 (日) 12時04分

 私もセルフトリートメントは大切にしています^^花粉の時期のせいか、やはり指の側面にコリコリ・・・・と、
眠る前にしますが、いつも眠くなってしまいまして、最後まで出来ません^^;

投稿: アルファ~ | 2006年3月 5日 (日) 15時11分

アルファ~さん、セルフでも、眠くなるなんて、素晴らしい!

投稿: mizu | 2006年3月 6日 (月) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/8933701

この記事へのトラックバック一覧です: 人体実験:

« くたびれモードから一転 | トップページ | アカデミー賞 »