« 前世の恩返し | トップページ | 人体実験報告 »

トリートメント過多

土曜はベーシック、日曜は、ワンデイで、トリートメントの練習台になり、なんと、2日間で、6回も受けた。これこそ、未知の人体実験。

トリートメントは、すればするほどよいというわけではない。一度のトリートメントでも、好転反のが強く出る場合があるので、一日に、2回も受けると、身体に負担がかかることがある。

でも、コースの時は、練習を兼ねているので、受講生の方も2回ぐらいは受ける。その結果、好転反応が強く出る人もいるのだけれど、それも勉強のうち、やさしいトリートメントでも、しっかりと反射区に働きかけているという証を身を持って体験するのだ。

私の場合は、日常的にセルフも行っているので、今回もそれほど身体に負担がかかったと言う感じではないけれど、それでも、夕方から夜にかけて、風邪かな?というような好転反応の典型的な症状があった。

一晩眠れば、朝は、すっきり。

私の場合は、トリートメントを受けると、気分が明るくなり、翌朝は、内臓が軽い。(ほんとにそういう感じなんだって。)

ただ、2日間教えるだけだと、くたびれるけれど、(だって、朝から晩まで、しゃべりっぱなしの教えっぱなしだからね。なんてったって、熱い先生なのだ。)練習台になると、月曜の朝が、違う。初めてトリートメントを行う人から受けたとしても。

こういうとき、「ああ、やっぱり、テクニックだけじゃないんだなぁ。」と、思うのだ。

相手を思う気持ちや一生懸命な気持ちは、よい施術に繋がるのだ。

|

« 前世の恩返し | トップページ | 人体実験報告 »

「リフレクソロジーについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/9170522

この記事へのトラックバック一覧です: トリートメント過多:

« 前世の恩返し | トップページ | 人体実験報告 »