« 気がついてみて初めてわかること | トップページ | トリートメント過多 »

前世の恩返し

昨日、修了生の方と前世療法の話をしていたのだけれど。

今までにも、どうしてこんな経験をしなくちゃいけないのかしら?と、嘆くようなこともこの歳になるとしてきたが、後になってみて、ああこのためか、ということに気付いたりする。

その答えはひとつの時もあれば、複数のこともある。

以前に、かなりひどい恋愛をしたのだが、そのことがあって、この世界に入るきっかけが、できたし、自分や相手を許すと言うことも学ばせてもらった気がする。

それに、面白いことに、誰かを助けてあげるためにあらかじめ自分が経験しておく、という場合もあるみたい。

それほど深い知り合いでもない友達の家に近くに来た、というだけで、突然たずねたことがあるがある。そんなことはめったにしないのだが、思いつきというしかないことだった。

マンションは、覚えていたけれど、部屋の番号がわからない。オートロックのマンションだったので、諦めて帰ろうとすると、そのこの一度だけ会った事のある彼氏が買い物から帰ってきた。(もう、神様のお導きというしかない)

部屋に入ってみると、部屋は、どろどろのエネルギーで、いっぱい。その頃エネルギーも精神世界もなにもわからなかった私でさえ、部屋の窓をすぐ開けた。(秋でよかったよ~)

それほど親しくはないとは言え、話を聞くと、恋愛関係がかなりもつれていたようだ。

友達も、かなりまいっていたようなので、そのまま家に連れて帰ったのだ。

それまでの自分なら、そのような恋愛の場面に出くわしても、どうしたらそんな風になれるの?と、疑問に思うほど、その友達は、くたびれきっていたのだが、自分もひどくて、なおかつ素晴らしい恋愛を経験したあとだったので、その友達の気持ちがよくわかったのだ。

そして、しばらくしてその友達は、我が家に居候することになり、今では一番気楽な友達になったのだが、そのこが私の家に少ない荷物と一緒に持ってきたのが、何冊かの精神世界の本だったのだ。

すべてのことは、ばらばらに起こっているようで、全て繋がっている。

理由もなく起こることはない。

そしてその理由も、全て繋がっている。

私は、ひどくて、素晴らしい恋愛を経験しなければ、その友達と分かり合えなかったし、その友達が、私の家に居候して、本を持ってきたから、私はこの世界に入ってきたのだ。

最初の頃は、私が彼女に前世の恩返しをして、その後彼女が、私に前世の恩返しをしてくれたのだ。

お互い、前世では、かなり相手に迷惑をかけたのだろう。

よく、二人でそう言って、笑ったものだ。

|

« 気がついてみて初めてわかること | トップページ | トリートメント過多 »

「スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/9129687

この記事へのトラックバック一覧です: 前世の恩返し:

« 気がついてみて初めてわかること | トップページ | トリートメント過多 »