« 人体実験 | トップページ | 春うらら »

アカデミー賞

主演男優賞が、フィリップ・シーモア・ホフマン!

この人のこと大好きで、出ている映画はできるだけ見ているつもり。(???な、ものもあるけれど)

でも、脇役としてよい味を出すタイプなので、今回の主演男優賞ノミネートには、少し驚いたのだが、受賞できて、よかった。(私が喜んでもしょうがないけれど)

最初に、目をつけたのが、「セント・オブ・ウーマン」での、金持ち息子の少し嫌な奴。

「マグノリア」なんかにも出ていたし、「ビッグ・リボウスキ」なんかにも出ている。

タイトルは忘れたけれど、デ・ニーロと競演したときのドラッグクイーンの役はすごかった。

「おお!この人でも、ドラッグクイーンになれるんだ!」って。

「カポーティ」も、公開が楽しみなのだ。

それにしても、WOWOWの藤原紀香は、不思議だ。何故彼女なんだろう?もっと映画が好きな人にして欲しい。司会も下手だしね。(紀香さんのファンごめんなさい)

来年は、変えてね。

|

« 人体実験 | トップページ | 春うらら »

「好きな映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/8969679

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞:

« 人体実験 | トップページ | 春うらら »