« 自分をさらけ出す・・バトン・・・らしい。 | トップページ | 父の思い出 »

身体の余裕と心の余裕

先週は、ここ何年ぶりかに、4日間仕事が入らなかったのだが、これが私には必要な時間だったようで、映画を見ながら、だらだらと過ごし、お腹が空いたら、食べ、眠くなったら眠り、の日々を過ごした。(これが南の島での出来事だったら、いう事なしなのだが)

少し前にも書いたけれど、こういう時間を過ごしたことで、いろいろと気がついた。

スクールを始めてから、ずいぶんと自分を追い込んでいたようで(経営者は大変なのだ)、バレエも好きで馬鹿みたいにやっていたときはよかったのだが、教えるようになってからは、自主トレも仕事になってしまって楽しいより、義務感のほうが強くなっていたよう。

もともと自分は、なまけものだ、という意識が強いので(周りが働き者ばかりだから、なんといっても、数えで90になるおばあちゃんが、まだ、働きたい!なんていう環境にいるものだから。笑。)忙しいと言いながらも、朝ゆっくりしている自分がいると、「これでいいのか?世間様はもっと働いているではないか。」なんて、気持ちがあったんだね。

大阪で、友達と過ごしていた時も、今思うと、頑張って(ここ重要)リラックスしようとしていたみたいでね。

今回は神様がくれた時間を好きなように過ごすことによって、そういった自分の心の余裕のなさに気がついたのだ。(今までなら、私も、もう終わり?ぐらいに思っただろうけれど)久しぶりにいろいろな本も読み返したり、自分の心の中に意識を向けたりしてね。久々に心の旅をした。

そろそろ世間に帰っていこうと思ったとたん、予約のお電話が。(おもしろいね。)

昨日は、背中をアロマの石田さんになでなでしてもらったし。(もちろんトリートメントのことだけど)心と身体のよいリセットになった4日間。(そう言えば、何もせずに、時間を過ごす才能があったのだ。私って。)

心と身体のリセットにはなったけれど、そのために犠牲となったのは、私の筋肉。
もう、御尻ぶりぶり。

明日のレッスンが、こ、怖い。

|

« 自分をさらけ出す・・バトン・・・らしい。 | トップページ | 父の思い出 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101122/8838547

この記事へのトラックバック一覧です: 身体の余裕と心の余裕:

« 自分をさらけ出す・・バトン・・・らしい。 | トップページ | 父の思い出 »